GA4入門編:データ探索-自由形式(散布図)の使い方

GA4アクセス解析
この記事は約2分で読めます。

GA4を使いこなすには分析機能をマスターすることが必須です😄GA4とはGoogleAnalyticsの最新バージョンです。GA4のデータ探索は、自在にグラフや表を作ることができます。そのため、さわる前に何を分析したくて、どんなグラフや表が必要なのかイメージを固める必要があります。今日はデータ探索-自由形式(散布図)の紹介です!😄

GA4分析 – データ探索(散布図)

まずはどんなものかイメージしてもらうために、ザックリとご説明いたします。😉

散布図は縦とX軸、Y軸にプロットして

このような画面が出ます。

散布図のアイコンをクリックしてください。

散布図を作る

はい。散布図の画面になりました!

何も映っていませんが、、気にせず作っていきましょう!😄

内訳の設定

ページのタイトルを設定してみます。

ディメンションの右にある「+」をクリック数と右からシートが出てきます。

検索フォームに「タイトル」と入力してください。

「ページタイトル」が出てくるのでチェックして、

「適用」をクリックしてください。

ページタイトルがディメンションの下の方に追加されてると思います。

ページタイトルをドラッグして、内訳のところにドロップしてください。すると下のように散布図っぽくなります。

X軸とY軸の設定

X軸とY軸に指定する指標を設定します。

指標の右にある「+」をクリックしすると右からシートがでてきます。

検索フォームに「エンゲージメント」と入力するとエンゲージメント率が出てきますのでチェックを入れます。

チェックを入れたら「適用」をクリックします。

「エンゲージメント率」がディメンションの下の方に追加されてると思います。

「エンゲージメント率」をX軸にドラッグすると下のように散布図が完成します。

あとは、適宜「利用ユーザー」を「セッション」に変えてみたり外れ値を外してみたりしてみてください。

まとめ

以上が散布図の作り方です。この散布図をどのように活用すべきかはまた活用編を記事にしたいと思います。😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました