SWOT分析で分析から戦略を導くまでの手順

戦略
この記事は約5分で読めます。

今日はSWOT分析の話です。SWOT分析は非常に有名でシンプルなフレームワークです。強みと弱み、機会と脅威をもとに分析しましょう。😄強みと弱み、機械と脅威を元に分析を元にクロスSWOTで戦略まで導けます。

SWOT分析とは

まず、SWOT分析は、内部と外部、プラス要因とマイナス要因のマトリックスから、強み・弱みと機会・脅威を導きます。

また、「強みと弱み」は、自社の内部でコントロールでしやすい内容であり、「機会と脅威」は、自社の外部との関りとなり自社でコントロールが及びにくい領域になります。

SWOTで分析する
SWOTで分析する

SWOT分析の強み・弱みの導き方

御社の強みと弱みは何ですか?と問われてコレだ!というものが出てきますか?出てくる場合は良いのですが、なかなか強み・弱みが出てこないようでしたら、ぜひ順番に確認してみてください。出てきてもそれが本当に強みなのか?と不安になることもあるでしょう。確認も必要です。

自社の強み・弱みをスムーズに導くには、カテゴリを絞って考察しましょう。

自社のリソース・アセットから強みと弱みを導く

株主から自社の社員、グループ会社、仕入れ元・委託先などパートナー企業のリソースとアセット(資産)を考察して強みと弱みを分析しましょう。

例えば、パートナーに対しては、自社は商流では上流にいるので優位な立場といえますが、唯一無二の原料であったり、他に変わりがないモノやサービスを仕入れる、それは自社にとって弱みになります。

強み弱み
株主株主の強み株主の弱み
自社の社員自社の社員の強み自社の社員の弱み
グループ会社グループ会社の強みグループ会社の弱み
パートナー企業パートナー企業の強みパートナー企業の弱み
自社リソース全体強みまとめ弱みまとめ
パートナー企業と比較して自社の強みと弱みを導く

マーケティングの4Pから強みと弱みを導く

自社の強みを4Pの観点から導きます。「商品」と「価格」、「流通」そして、「販促」は「ブランド」に置き換えて考察します。

強み弱み
商品自社商品の強み自社商品の弱み
価格価格の強み価格の弱み
流通流通・商圏の強み流通・商圏の弱み
ブランドブランドの強みブランドの弱み
MKTG全体強みまとめ弱みまとめ
パートナー企業と比較して自社の強みと弱みを導く

強み・弱みの洗い出しまとめ

このように分析の目的に合致しそうなものを選んで、分解してみると自社の強み弱みを体系的にイメージしやすくなると思います。それぞれ書き出してみましょう。

強みと弱みを洗い出したら、目的に対し影響のありそうな項目に絞りこみます。

SWOT分析の機会と脅威の導き方

自社の機会と脅威の導き方の説明です。機会と脅威は外部環境が自社に与える影響となるため、外部環境の分析した結果から機会と脅威に分類するとスムーズです。

競合から業界における機会と脅威を導く

競合を思い浮かべて、競合に対して自社の強みと弱みは何か?具体的に書き出してみましょう。競合相手によって当然異なると思います。主要な競合をいくつかピックアップしてまとめてみましょう。

競合、新規参入、代替品(代替サービス)に分類して整理しましょう。

機会脅威
競合A社競合A社×自社の機会競合A社×自社の脅威
競合B社(新規参入)競合B社×自社の機会競合B社×自社の脅威
競合C社(代替品)競合C社×自社の機会競合C社×自社の脅威
業界全体機会まとめ脅威まとめ
競合と比較して自社の強みと弱みを導く

この辺を洗い出せたら、業界全体での自社はどうなのか整理すると、SWOT分析で俯瞰しやすくなります😉

顧客から市場における機会と脅威を導く

顧客を思い浮かべて、自社の強みと弱みは何か?自社のサービスや商品を購入いただくお客様に対して、どのようなニーズに応えられていることと、応えきれていないことを整理しましょう。

機会脅威
顧客A社顧客A社×自社の機会顧客A社×自社の脅威
顧客B社顧客B社×自社の機会顧客B社×自社の脅威
顧客C社顧客C社×自社の機会顧客C社×自社の脅威
市場全体機会まとめ脅威まとめ
顧客と比較して自社の強みと弱みを導く

顧客に対して自社の強み・弱みを抽出出来たら、市場全体に対してどうかのか整理すると、SWOT分析で俯瞰しやすくなります。

PESTのフレームワークを活用し機会と脅威を分析

PEST分析を使うと便利です。これらのフレームワークを使用して、どのような機会と脅威があるのか?抽出・分類していきます。

機会脅威
政治的要因政治的要因の機会政治的要因の脅威
経済的要因経済的要因の機会経済的要因の脅威
社会的要因社会的要因の機会社会的要因の脅威
技術的要因技術的要因の機会技術的要因の脅威
外部環境機会まとめ脅威まとめ
顧客と比較して自社の強みと弱みを導く

PEST分析についてはこちらで詳しく説明しているので是非参考にしてください😊

クロスSWOTで戦略を導く

SWOTが書けたところで、次はこちらです。先ほど導いた「強み・弱み」「機会・脅威」を外側に移動させて、内側でクロスするとまた4つの箱ができます🙄

SWOT分析から戦略を導く
SWOT分析から戦略を導く

このSWOTで導いた強み・弱み・機会・脅威を見合わせながら、具体策を考えていきましょう。

強み×機会強みと機会を生かした積極攻勢戦略
弱み×機会弱みをおさえて機会をいかす弱点強化戦略
強み×脅威強みを生かして、脅威を避ける差別化戦略
弱み×脅威弱みと脅威を最小限に抑える防衛・撤退戦略

といった具合に考えるのです😉

おまけ:SWOT分析メーカー

こちらのフォームを活用し他社はどのようにしているのか参考にしてみてください。ここのフォームに分析したい業界名などを入力してクリックしてみてください。その業界のSWOT分析結果を表示します😄

 

まぁ、この機能はジョークですが、ヒントになることを祈ります!😄

コメント

タイトルとURLをコピーしました